非常に難しい法曹である弁護士の試験内容等につきまして

最近では、極稀に、東大生で現役で司法試験に合格される方も中には居られるのですが、大阪でその交通事故の相談を現役で合格できる方は数%であると言う非常に難関な試験であります。東大医学部に所属されておられる方で、イケメンで容姿端麗で更に、医師免許とと司法試験にWで合格すると言う快挙成し遂げられた青年の方が居られたのですが、メディアでも取り上げられるスーパーボーイと言う形で、一時期非常に脚光を浴びておりました。なぜその方が、医師の免許と司法試験をWで取得されようと思ったのか?と言う経緯につきましては、医師でも、法律のことが絡むことがあり、それが分からないが故に患者さんに十分なフォローをすることができなかったと言う先輩方の体験談を多く聞いてきましたので、私自身が司法試験に合格して、より法的なことでも悩まれている患者さんに対して、フォロー的な部分でより患者さんと真摯に向き合うことができると言う内容で、そのコメントを私自身が聞いてた時に「こんな素晴らしい方が医学界に居られるんだ」と言う印象でありました。ただでさえ、医師免許を取得するのが難しい状況である業界で更に、弁護士の資格であります司法試験にも現役で合格できることは非常に素晴らしいことであると思いました。

弁護士を探すサイトで見つけました

仕事中に怪我を負い、入通院が必要な状況となった時の事です。会社には長期間に渡り、仕事で使用する車両の整備をお願いしていましたが、子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士ならこれを放置され続けたために被災してしまいました。ネットを利用し、この様なケースで会社に対し責任の追及が可能か否か調べたところ、安全配慮義務違反というものに相当する可能性がある事が分かりました。そこで、ネット上に出てきた某有名事務所に電話をかけてみましたが、受付の対応が事務的で何か違和感を覚えましたので、弁護士を探すサイトを利用してみました。そこで知ったのは、弁護士にも得意な分野があるという事です。労災に強いとされている、数名の弁護士に相談のメールを送ったところ、それが夜の10時だったにも関わらず、その内の1人から返信をもらいました。「安全配慮義務違反にあたる可能性が高いですが、詳しくはお会いしてお話を伺いたい。」との回答に、すごく勇気づけられたのを覚えています。面談では、こちらの話を良く聞いてもらえ、適切なアドバイスもしてもらえたので、任せても良いと考え、その場で依頼する事を決めました。普段、弁護士との関わりは一切ありませんので、『お堅い別次元の人』とのイメージを持っていましたが、全くそんな事はなく、人間味ある良い弁護士だったと思います。

弁護士が依頼を断るケースとは

法律問題直面して、自分だけで解決d系内と思ったのなら、法律専門家の弁護士の出番となります。ですが、素人目でも不利なのは自分で勝てるみこみほぼないとなれば依頼を断られてしまわないか心配です。肥後橋付近の有名な弁護士ではいま無料で法律相談をしてる事務所が多くて、費用は工夫次第で節約可能ですが、相談に行くだけでも労力の負担かけることはできないです。せっかく相談逝くのですから、以来までスムーズならと期待するのは当然のこと。そして弁護士外来者を断るケースがありますが、むげに以来断るのではなくて、それなりの理由あり今回は依頼受けられないと断られます。理由なく断る弁護士居れば、この依頼者と相性よくないと相談だけで判断してたのでしょう。そして、弁護士に依頼してみれば当然費用がかかり、相談は無料で実施しても着手となると話は別です。弁護士も仕事として依頼を受けていて、何もかも無料にできなくて、相談された案件で回収できる額、弁護士費用見比べてどうしても費用倒れになれば、弁護士は依頼を断ります。回収したお金すべて弁護士費用充てられてしまうと依頼者は利益は何もないです。費用倒れでもいいといった依頼者がありますが、個々の事情総合で判断したら、依頼者のため思って断るといったケースがよくあります。

弁護士と契約はすぐにできてもいつ動くかはわからない?

90代の母が、友人と名乗る者にお金を騙し取られたので、離婚問題を大阪で相談しようと弁護士に相談しました。ただ母は認知症もあり騙されたという実感がないので、私が代理に訴えるわけでもいかず母に「成年後見人」をつけることから始まりました。私は弁護士の先生と契約すれば、話はとんとん拍子に進むものだと思っていて、後見人の手続きは契約後すぐに行ってくれているものだと考えていたのですが、契約後2ヶ月くらい何の音沙汰もないので、連絡してみるとまだ手続きもしていなくて、「これから行います」ということ…。その後結局手続きをしたのはさらに2ヵ月後、そして後見人が認定されるまで手続き後4ヶ月と、その間8ヶ月も肝心の詐欺については何も動けませんでした。弁護士が後見人になり、いよいよ民事で訴えることができますが、それもさらに3ヶ月以上の時間を経てからで、最初に相談に行ってから示談までは1年以上かかり何とももどかしいい時が過ぎました。せめて後見人の手続きだけでもすぐにしてくれたら、こんなに時間はかからなかったのに…と思います。弁護士の先生と契約はすぐにできますが、たくさんの事件を抱えているのですぐに動いてもらえるわけではないということを勉強しました。そのため契約するときに「いつから動いていただけますか?」ということを確認する必要があると思います。

相続のことで弁護士に相談!解決して安心しました

父が亡くなった時に、肥後橋で法律問題を相談すると相続放棄をすれば良いのかどうかわからないので弁護士に相談したことがあります。父には不動産や預貯金などの遺産がありましたが、亡くなってからすぐに大きな借金があることもわかり、遺産相続をどうしたら一番良いのか相談することにしたんですよね。すごく不安でいっぱいでしたが、初めて弁護士に会い相談した時にすごく安心しました。それまでは弁護士はなんとなく怖い、近寄りがたい、冷たくされるのではないかというイメージを持っていましたが、すごく親身になって話を聞いてくれましたし、一方的に話すのではなくてしっかりと私の話を聞いてくれたので好感を持ちました。弁護士に相談しに行く前はあれこれ考えてしまって、なかなかすぐに相談に行くことができなかったんですけど、あの時すぐに弁護士に相談しにいけばあんなに悩まなくてすんだのになって思います。私が相談した弁護士が良かったのかわかりませんが、怖いことはありませんし、助けになってくれて本当に感謝の気落ちでいっぱいです。普段したことのない手続き、解決できない問題があった時は、すぐに弁護士に相談すべきだなと思いました。悩んでも解決できないことはプロにお任せしたほうが良いと学びました。