弁護士に対するイメージ

弁護士というとなんとなくお堅い感じがしてとても真面目な人で厳粛な印象があります。友人にも弁護士を目指していたという人がいて、たくさん勉強したといっていました。大阪で交通事故の相談を任せられると弁護士は司法試験に受からなければなることはできません。国家資格であり、国が認めた人出ないとつくことができない職業でもあります。法律というのは時代が変われば、変わっていくものなので、試験に受かったからと行って勉強をせずにいられるものでもありません。それから、司法試験には適性検査というのもあります。この状況下であらば何が適切なのか、そう行ったありとあらゆる要素を踏まえた上で、合理的に判断することが必要なのだと思います。偏見や、頭が凝り固まった人には、たとえ試験をパスしたとしてもこの適性検査に受からないというのです。ただ頭でっかちなだけでは慣れないということがわかります。
そうした中身を知ると、勤勉でありながらも頭の回転が早く、そして柔軟性もあるものだという印象が新たに生まれました。実際に弁護士の方に何かを相談した経験はいまのところないですが、今後お世話になるかもしれないと思うと、少し不安nな部分がありましたが、その時はしっかりと信頼できる方を探したいと思います。