民事事件で弁護士に依頼する時はまず示談交渉から

弁護士というと、刑事事件の代理人というイメージを持つ人も多いでしょう。大阪で複雑な母子家庭の法律問題を刑事事件というのは一言でいえば、法律の適用によって刑罰が決まる事件のことです。刑事事件では必ず裁判が行われるので、被告人の弁護活動のために弁護士が活躍することになります。しかし弁護士の活動は、何も刑事事件にとどまりません。民事事件でも弁護士は様々な形で活動しています。民事事件というのは私人同士での紛争であり、この点が刑事事件と異なっています。また相手を処罰するのではなく、紛争解決が目的となっています。主な民事事件としては離婚や相続、不倫、少額訴訟などがこれに当たります。また民事事件の場合は、刑事事件と違ってすぐに訴訟に持ち込むことができます。しかし弁護士さんにすぐに訴訟をと頼んでも、まず示談交渉、それから調停を勧められることがあります。実際示談交渉や調停で済むのであれば、そちらの方が裁判をしなくていいし、費用もかからずに済むからです。そもそも民事訴訟で勝っても、相手がそれにすんなり応じないこともあります。ならば弁護士に頼んでまず示談交渉または調停にこぎつけ、和解金を貰った方が遥かにいいのです。トラブルがあったからすぐ訴訟というのでなく、まず弁護士さんに相談して一番いい方法を採るようにしましょう。

金がない奴には興味がないお仕事の人

以前に車の運転中に前方を走行しているトラックから積み荷が飛散し私の車にぶつかり損傷するといった事態が発生しました。母子家庭の複雑な法律問題を大阪で事故処理の後に相手の保険会社とやり取りをしていると「飛散物は道路にあったものである可能性が高いため保険金の支払いはできません。」と連絡がありました。自分に責任がない事故は自分の保険会社の介入が出来ないため弁護士へ相談しました。相談すると「支払い後に話を聞かせてもらいます。それまでは連絡はしないでください。」とのこと。保険が会社の弁護士費用特約に加入していたので使用する旨を伝えますが、最初の支払いはまずは相談者が支払そのあとで領収書を送ったら支払われる仕組みでした。相談申込み料がものすごく高額で支払いをすることが出来ず泣き寝入りする羽目になってしまいました。
 弁護士が介入したらきっと相手も過失を認めてくれてすぐに話が解決すると考えていましたが、現実はそうあまくはなかったようです。弁護士は困っている人の味方にはなってくれず高額な金額を支払ってくれる人についていく職業なんだと確信しました。正しい行いをするのが役目でもなく、お金で心を売ってしまう汚れた仕事のひとつなんだとおもいそれからは嫌いな職業です。

友人の結婚式♡新郎は弁護士でした!

私には社会人になってからできた友人がいます。私が結婚前まで勤めていた会社の同僚の女性です。私の方が先に結婚、同時に寿退社をしたため、会う機会はめっきり減ってしまいましたが、大阪でその交通事故の相談を年に数回は二人で食事をしたり、コンサートに行ったこともありました。そんな彼女から「今度、結婚することになったの!」という話を聞いたのです。いわゆる合コンで知り合った方だそうで、なんと職業は弁護士。私は弁護士さんなんて、これまでの人生で一度もお目にかかったことがなかったのでとても驚きました。彼女いわく、その合コンに参加した男性5人は、全員弁護士さんだったそうです。私たちが住んでいたのは地方の、それも県庁所在地ではない市でしたので、若くて独身の弁護士さんをどうやって集めたのか疑問でした。彼女の学生時代のバイト仲間の女性が集めてくれたとのことでした。
友人が言うには、その男性5人の弁護士さんは頭が良くて経済力もありそうだけれど、見た目がイマイチだったのだとか。その中でも「まぁまぁだな」との印象だったのが彼だったそうです。その後、私は彼女の結婚式に出席し、披露宴では友人代表としてスピーチをしました。新郎の上司も含めかなりの数の弁護士さんが出席していました。私と同じテーブルに座った独身女性の方達にさかんに名刺を配っていましたが、既婚者である私は一枚ももらえませんでした。

お金がない人は依頼できないイメージがある

弁護士というと、日常生活の中で依頼をすることがないと思っていたのですがそうでもないことがわかりました。もめ事などがあるときに、依頼をしたいと思うことがあるのです。子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士なら法律の観点からしっかりこちらのサポートとして仕事をしてもらうことができるので、いつも依頼したいと思うことがあります。
しかしそれは、お金がある場合という気持ちもあります。お金がない人は依頼ができないと思っているのです。私のように思っている人が多いんですね。そのため、気持ちはあるもののやっぱり躊躇してしまい、そのままになることがあります。
私の場合は相続について、一度依頼をしたいと思ったことがありました。後から考えたときに、自分の方が損をしてしまったのでそのことを後悔しているのです。しかし依頼をしたいと思っても、今ひとつその気持ちがいかないんですね。その理由は、やっぱりお金です。もっと気軽に依頼をすることができるといいのですが、それがむつかしいと思うことがあります。
個人が依頼をする場合は、リーズナブルな価格になることを望みますがそれはできないんですね。アメリカなどは、たくさん一般の人が依頼をしているといいます。そんな日本になるといいと思っています。

B型肝炎訴訟でお世話になっている女性弁護士さん、

私自身のことになりますが、B型肝炎の患者として国(厚生労働省)の機関と裁判中になっていますし、大阪でその交通事故の相談を其のために弁護士さんと常に話し合いをしていますが、大変お世話になっていることを実感しています。
私達のエリアは関東地区になりますので東京弁護士会が担当していますが、私自身が担当されてお世話になっている弁護士さんは東京郊外にすむ女性の弁護士さんで、人柄は穏やかでお話の上手な人間性あふれる弁護士さんであり、而も大変な若い美人のかたで、何でもW大学の法学部を卒業して東京弁護士会に席をおいているらしいのです。
今では個人的にもお付き合いをさせていただいて、私事にもいろいろな面で法律的なことを教えてもらっています。 例えば、遺産や相続の仕方から税金の関係まで、特に節税などについても秘策などを教えてもらってナルホドと納得したりしています。
因みに、現在のB型肝炎の訴訟や係争問題は大方が結審又は話し合いが済んで、それぞれに給付金や保証金を受領している方がほとんどですが、私の場合は通院中の慢性B型肝炎ということになっていますが、治療通院が20年を超すか越さないかで、給付金が1250万円か300万円という開きになっているのです。 現在は私の場合は20年を超えていますので、20年という国の規定をナントカ見直させるように、継続裁判として弁護士さんたちに頑張って頂いているのです。

意外とドラマのような弁護士が多い

弁護士というと憧れの職業であるというイメージが強いのですが、テレビドラマなどではちょっと変わり者の弁護士というのが多くて、大阪で交通事故の相談を任せられると自身も弁護士というのは頭がいいけれど変わり者なのだろうなというイメージが根強くありました。
しかし、実際に弁護士と関わるということはなかなかありませんので、実態は分からなかったのですが、過払い金を請求するために弁護士へと依頼をすることになりました。まずは状況を聞くために電話で話した方は印象はしっかりとしている事務所で、やはり頭がいい弁護士が変わり者というのはドラマを盛り上げるための演出なのかなと思ったのです。
電話で話した後に実際に弁護士事務所に行くことになりました。予定の時間にうかがったところ、散らかった小さな事務所に素足でスーツを脛までめくっているおじさんが出てきました。少し驚いているとオドオドとした態度で案内してくれて、「リラックスしてて申し訳ない」といそいそと靴下と靴を履いて対応をしてくれました。目を合わせることもないのですが、法律についての知識は豊富で、こちらが質問したことは想像以上の答えとしてって返ってきます。しかし、依頼と関係ない話を振るととても慌てられるのが、とても親近感を得られました。頭の良い弁護士さんはやはり変わった人が多いのだなと思えました。

弁護士さん介入で問題がスムーズに

私が過去に弁護士さんに相談をした時の事について簡単ですが、まとめたいと思います。
まず、私がと言うよりも、大阪で離婚問題を相談できる相談者は夫だったのですが、妻としてその問題には最初から最後まで同席をしたので、経緯などの説明ができます。
夫は三人兄弟の長男なのですが、東京都在住です。弟は一つ年下と6つ年下になります。2人共に静岡県在住です。今回の弁護士さんへの相談は、夫の実家静岡で起きた遺産相続のことでした。
夫の父親の実の父親(祖父)が他界をした事で、相続をする土地や現金が発生しました。
しかし、夫の父親は夫が学生時代に既に他界をしていたので、今回の祖父の遺産相続は祖父の実の子供とその子供たちに権利があると言う風に解釈したので、当然、夫と下の弟2人が対象になると考えておりました。
ところが蓋を開けると、祖父の子供(娘、息子)の2人が遺産を相続をするので、夫と夫の弟二人には相続を放棄してほしいと言う申し出がありました。
到底そんな事を受け入れらなれないので、夫が弁護士事務所の門を叩きました。
遺産相続関係の事は私たちでは到底分らないことばかりでしたが、弁護士の先生のお陰で、ことがスムーズのいきまして、きちんと遺産相続を受けることができました。

離婚相談は弁護士といったイメージです

離婚相談をするなら弁護士へ相談した方がスムーズに問題解決へと繋がるイメージを持っています。やはり、話題の弁護士ではその肥後橋付近の子供がいる場合はどうしても親権や養育費の問題が出てくるので、法的な処置を行った方が後々においても問題になりませんし、弁護士を通して手続きをすることでトラブル回避になるため、とても重要なことだと実感しています。お金はかかりますが、やはり離婚した後に再婚した場合、養育費の問題など大きなトラブルになりかねないので、事前に弁護士を通して相談することが糸口になるきっかけだと実感しています。離婚相談は色んな弁護士事務所で引き受けていますが、やはり今まで実績あるような弁護士事務所を利用すると様々なケースを受け持った経験があるので、とても的確なアドバイスを受けることができますし、自分に合った弁護士を探すことで信頼関係が芽生えて相談してスムーズに解決することができます。いくつかカウンセリングを利用したり、見積もり相談をするなど、何件か弁護士事務所へ相談して様子を伺ってみることは重要になります。長期的な相談になるかもしれませんし、離婚相談をメインとして扱っている弁護士事務所もあるので今までの実績など重要になります。

非常に難しい法曹である弁護士の試験内容等につきまして

最近では、極稀に、東大生で現役で司法試験に合格される方も中には居られるのですが、大阪でその交通事故の相談を現役で合格できる方は数%であると言う非常に難関な試験であります。東大医学部に所属されておられる方で、イケメンで容姿端麗で更に、医師免許とと司法試験にWで合格すると言う快挙成し遂げられた青年の方が居られたのですが、メディアでも取り上げられるスーパーボーイと言う形で、一時期非常に脚光を浴びておりました。なぜその方が、医師の免許と司法試験をWで取得されようと思ったのか?と言う経緯につきましては、医師でも、法律のことが絡むことがあり、それが分からないが故に患者さんに十分なフォローをすることができなかったと言う先輩方の体験談を多く聞いてきましたので、私自身が司法試験に合格して、より法的なことでも悩まれている患者さんに対して、フォロー的な部分でより患者さんと真摯に向き合うことができると言う内容で、そのコメントを私自身が聞いてた時に「こんな素晴らしい方が医学界に居られるんだ」と言う印象でありました。ただでさえ、医師免許を取得するのが難しい状況である業界で更に、弁護士の資格であります司法試験にも現役で合格できることは非常に素晴らしいことであると思いました。

弁護士を探すサイトで見つけました

仕事中に怪我を負い、入通院が必要な状況となった時の事です。会社には長期間に渡り、仕事で使用する車両の整備をお願いしていましたが、子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士ならこれを放置され続けたために被災してしまいました。ネットを利用し、この様なケースで会社に対し責任の追及が可能か否か調べたところ、安全配慮義務違反というものに相当する可能性がある事が分かりました。そこで、ネット上に出てきた某有名事務所に電話をかけてみましたが、受付の対応が事務的で何か違和感を覚えましたので、弁護士を探すサイトを利用してみました。そこで知ったのは、弁護士にも得意な分野があるという事です。労災に強いとされている、数名の弁護士に相談のメールを送ったところ、それが夜の10時だったにも関わらず、その内の1人から返信をもらいました。「安全配慮義務違反にあたる可能性が高いですが、詳しくはお会いしてお話を伺いたい。」との回答に、すごく勇気づけられたのを覚えています。面談では、こちらの話を良く聞いてもらえ、適切なアドバイスもしてもらえたので、任せても良いと考え、その場で依頼する事を決めました。普段、弁護士との関わりは一切ありませんので、『お堅い別次元の人』とのイメージを持っていましたが、全くそんな事はなく、人間味ある良い弁護士だったと思います。