弁護士に対するイメージが変わりました

最近、テレビ番組で、弁護士の方が出演されているのをよく見かけます。テレビ番組と言っても、そんなお堅い番組ではなく、バラエティ番組や情報番組など、割とカジュアルでラフな雰囲気の番組が多いんですよね。母子家庭の複雑な法律問題を大阪で口コミするとコメントも、いい意味で弁護士さんらしくないものが多く、お笑いなんかを絡めながら、楽しい雰囲気が伝わってきます。こういったシーンを目にするようになってから、弁護士さんに対するイメージがガラリと変わりました。それまで、弁護士さんと言えば、子供のころから勉強一筋でやって来て、一流大学を卒業し・・、とまあ、要はエリート街道まっしぐらの人生を送ってきて、我々一般庶民の価値観なんて、絶対に理解できないようなタイプだと思っていました。そういったイメージがガラリと変わったのです。もちろん、中には、エリート街道まっしぐらの弁護士さんもいることでしょう。でも、私なら、そういう人ではなくて、もっと庶民感覚がわかるような弁護士さんに依頼したいですね。相談事も親身になって聞いてくれそうですし、何より、同じ目線に立ってくれそうです。でも、テレビ番組に出演されるような弁護士さんというのは、非常に人気で、依頼するにあたっては、それ相応の金額が発生するんですかね。となると、また話は違ってきますが・・。

弁護士の働く場所のイメージについて

弁護士の働く場所というと、たいていの人は「法律事務所」をイメージすると思います。
実際、弁護士の大半は、法律事務所に所属して働いています。
子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士なら法律事務所の規模には大小があり、弁護士が1人しかいない所もあれば、数百人もいる所もあります。
とはいえ、法律事務所だけが弁護士の働く場所というわけではありません。
昨今は、一般企業の会社員として働いている弁護士も少なくありません。
また、国や地方公共団体などの職員として働いていたり、法律の知識を活かしつつ、国会議員として働いている人までいるのです。
このように、弁護士と一口にいっても働く場所はたくさんあり、それぞれが自分に適した場所で働いているというわけです。
そして、会社員や国などの職員として働く場合は、個々の職場によって、仕事のやり方などが変わってきます。
法律事務所に所属している弁護士であれば、「法律相談」から仕事に入るというのが一般的な形です。
相談者が持ち込んできたトラブルについて詳しく訊き、解決に向けての助言を行います。
法律相談は、基本的に法律事務所で行いますが、各地にある弁護士会・日本司法支援センター(法テラス)・市町村の役場などといった場所でも行われています。

弁護士に対するイメージ

弁護士というとなんとなくお堅い感じがしてとても真面目な人で厳粛な印象があります。友人にも弁護士を目指していたという人がいて、たくさん勉強したといっていました。大阪で交通事故の相談を任せられると弁護士は司法試験に受からなければなることはできません。国家資格であり、国が認めた人出ないとつくことができない職業でもあります。法律というのは時代が変われば、変わっていくものなので、試験に受かったからと行って勉強をせずにいられるものでもありません。それから、司法試験には適性検査というのもあります。この状況下であらば何が適切なのか、そう行ったありとあらゆる要素を踏まえた上で、合理的に判断することが必要なのだと思います。偏見や、頭が凝り固まった人には、たとえ試験をパスしたとしてもこの適性検査に受からないというのです。ただ頭でっかちなだけでは慣れないということがわかります。
そうした中身を知ると、勤勉でありながらも頭の回転が早く、そして柔軟性もあるものだという印象が新たに生まれました。実際に弁護士の方に何かを相談した経験はいまのところないですが、今後お世話になるかもしれないと思うと、少し不安nな部分がありましたが、その時はしっかりと信頼できる方を探したいと思います。

弁護士さんが優しく解説してくれました

建築業を営んでいる自営業の家に嫁ぎましたが、経営がうまくいかずに、義父が会社を倒産させてしまいました。その後、借金などの整理をして、大阪で複雑な母子家庭の法律問題を義父の長男であり自分の夫が会社名を変更して社長に就任しました。しかしその後も経営がうまくいかなかったので、今度は会社を倒産させるだけでなく、自己破産をしなければならないかもしれないという話が出てきました。子育て中ですし、これからの生活にも不安があるものの、相談すべき相手がわからない時に市町村で借金相談を無料で行っている弁護士の存在を知りました。弁護士に相談するのは、お金がかかるし、上から目線でものを言われるのではないかという不安がありました。ただこのままの状態では、自己破産をすることで家なども手放さなければならないのではないかと怖くなったので、相談に出向きました。無料相談なので料金もかかりませんでしたし、それだけでなく弁護士さんがとても優しく接してくれたので相談して良かったと思いました。借金の額や状況などを相談したら、夫が自己破産をしても妻である自分の貯金などは守られるということも教えてもらいました。またそれらの手続きも代理で行ってくれるということで、それからは有料になりますが契約を依頼した時の費用も案内してもらえました。弁護士さんはもっと相談しにくい相手だと感じていましたが、難しい用語もわかりやすく解説してもらえて助かりました。

友達が離婚で弁護士に依頼したことを知り思うこと

友達が自身の離婚のために弁護士に依頼をしたという話を聞いて、大阪で離婚問題をすぐ相談しようとへんな話ですが弁護士という存在が少し身近になりました。
私は今まで、弁護士にお願いしたくなるようなことがない人生だったので、弁護士という人をとても遠く感じていました。家族や親せきにもいません。
友達がなんで弁護士に依頼をしたかというと、その離婚の手続きがとどこおりなく進んでないからこそだと思います。友達は離婚についてあまりくわしくは話さないですが、裏ではいろいろあるのかなと心配になりました。
心配になる理由はこれだけではなく、お金のこともあります。元の旦那さんがギャンブル系の遊び好きで借金まで作り、家にお金を入れない人だったらしいので、弁護士に払う料金も彼女が出すのだと思うと、大丈夫だろうかと思ってしまいます。こういうことは親しい仲とはいえきくことはできませんが・・。
何かのトラブル解決のために弁護士にお願いするという事態が私には起きないとは言えません。友達だって将来こういうことがあると思って結婚したわけではないですし、想定外だったはずです。ということは私にも弁護士に助けを求めるようなことが起きないともかぎりません。私は大丈夫なんて思わないほうがいいと思っています。

民事事件で弁護士に依頼する時はまず示談交渉から

弁護士というと、刑事事件の代理人というイメージを持つ人も多いでしょう。大阪で複雑な母子家庭の法律問題を刑事事件というのは一言でいえば、法律の適用によって刑罰が決まる事件のことです。刑事事件では必ず裁判が行われるので、被告人の弁護活動のために弁護士が活躍することになります。しかし弁護士の活動は、何も刑事事件にとどまりません。民事事件でも弁護士は様々な形で活動しています。民事事件というのは私人同士での紛争であり、この点が刑事事件と異なっています。また相手を処罰するのではなく、紛争解決が目的となっています。主な民事事件としては離婚や相続、不倫、少額訴訟などがこれに当たります。また民事事件の場合は、刑事事件と違ってすぐに訴訟に持ち込むことができます。しかし弁護士さんにすぐに訴訟をと頼んでも、まず示談交渉、それから調停を勧められることがあります。実際示談交渉や調停で済むのであれば、そちらの方が裁判をしなくていいし、費用もかからずに済むからです。そもそも民事訴訟で勝っても、相手がそれにすんなり応じないこともあります。ならば弁護士に頼んでまず示談交渉または調停にこぎつけ、和解金を貰った方が遥かにいいのです。トラブルがあったからすぐ訴訟というのでなく、まず弁護士さんに相談して一番いい方法を採るようにしましょう。

金がない奴には興味がないお仕事の人

以前に車の運転中に前方を走行しているトラックから積み荷が飛散し私の車にぶつかり損傷するといった事態が発生しました。母子家庭の複雑な法律問題を大阪で事故処理の後に相手の保険会社とやり取りをしていると「飛散物は道路にあったものである可能性が高いため保険金の支払いはできません。」と連絡がありました。自分に責任がない事故は自分の保険会社の介入が出来ないため弁護士へ相談しました。相談すると「支払い後に話を聞かせてもらいます。それまでは連絡はしないでください。」とのこと。保険が会社の弁護士費用特約に加入していたので使用する旨を伝えますが、最初の支払いはまずは相談者が支払そのあとで領収書を送ったら支払われる仕組みでした。相談申込み料がものすごく高額で支払いをすることが出来ず泣き寝入りする羽目になってしまいました。
 弁護士が介入したらきっと相手も過失を認めてくれてすぐに話が解決すると考えていましたが、現実はそうあまくはなかったようです。弁護士は困っている人の味方にはなってくれず高額な金額を支払ってくれる人についていく職業なんだと確信しました。正しい行いをするのが役目でもなく、お金で心を売ってしまう汚れた仕事のひとつなんだとおもいそれからは嫌いな職業です。

友人の結婚式♡新郎は弁護士でした!

私には社会人になってからできた友人がいます。私が結婚前まで勤めていた会社の同僚の女性です。私の方が先に結婚、同時に寿退社をしたため、会う機会はめっきり減ってしまいましたが、大阪でその交通事故の相談を年に数回は二人で食事をしたり、コンサートに行ったこともありました。そんな彼女から「今度、結婚することになったの!」という話を聞いたのです。いわゆる合コンで知り合った方だそうで、なんと職業は弁護士。私は弁護士さんなんて、これまでの人生で一度もお目にかかったことがなかったのでとても驚きました。彼女いわく、その合コンに参加した男性5人は、全員弁護士さんだったそうです。私たちが住んでいたのは地方の、それも県庁所在地ではない市でしたので、若くて独身の弁護士さんをどうやって集めたのか疑問でした。彼女の学生時代のバイト仲間の女性が集めてくれたとのことでした。
友人が言うには、その男性5人の弁護士さんは頭が良くて経済力もありそうだけれど、見た目がイマイチだったのだとか。その中でも「まぁまぁだな」との印象だったのが彼だったそうです。その後、私は彼女の結婚式に出席し、披露宴では友人代表としてスピーチをしました。新郎の上司も含めかなりの数の弁護士さんが出席していました。私と同じテーブルに座った独身女性の方達にさかんに名刺を配っていましたが、既婚者である私は一枚ももらえませんでした。

お金がない人は依頼できないイメージがある

弁護士というと、日常生活の中で依頼をすることがないと思っていたのですがそうでもないことがわかりました。もめ事などがあるときに、依頼をしたいと思うことがあるのです。子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士なら法律の観点からしっかりこちらのサポートとして仕事をしてもらうことができるので、いつも依頼したいと思うことがあります。
しかしそれは、お金がある場合という気持ちもあります。お金がない人は依頼ができないと思っているのです。私のように思っている人が多いんですね。そのため、気持ちはあるもののやっぱり躊躇してしまい、そのままになることがあります。
私の場合は相続について、一度依頼をしたいと思ったことがありました。後から考えたときに、自分の方が損をしてしまったのでそのことを後悔しているのです。しかし依頼をしたいと思っても、今ひとつその気持ちがいかないんですね。その理由は、やっぱりお金です。もっと気軽に依頼をすることができるといいのですが、それがむつかしいと思うことがあります。
個人が依頼をする場合は、リーズナブルな価格になることを望みますがそれはできないんですね。アメリカなどは、たくさん一般の人が依頼をしているといいます。そんな日本になるといいと思っています。

B型肝炎訴訟でお世話になっている女性弁護士さん、

私自身のことになりますが、B型肝炎の患者として国(厚生労働省)の機関と裁判中になっていますし、大阪でその交通事故の相談を其のために弁護士さんと常に話し合いをしていますが、大変お世話になっていることを実感しています。
私達のエリアは関東地区になりますので東京弁護士会が担当していますが、私自身が担当されてお世話になっている弁護士さんは東京郊外にすむ女性の弁護士さんで、人柄は穏やかでお話の上手な人間性あふれる弁護士さんであり、而も大変な若い美人のかたで、何でもW大学の法学部を卒業して東京弁護士会に席をおいているらしいのです。
今では個人的にもお付き合いをさせていただいて、私事にもいろいろな面で法律的なことを教えてもらっています。 例えば、遺産や相続の仕方から税金の関係まで、特に節税などについても秘策などを教えてもらってナルホドと納得したりしています。
因みに、現在のB型肝炎の訴訟や係争問題は大方が結審又は話し合いが済んで、それぞれに給付金や保証金を受領している方がほとんどですが、私の場合は通院中の慢性B型肝炎ということになっていますが、治療通院が20年を超すか越さないかで、給付金が1250万円か300万円という開きになっているのです。 現在は私の場合は20年を超えていますので、20年という国の規定をナントカ見直させるように、継続裁判として弁護士さんたちに頑張って頂いているのです。