友人の離婚トラブルをサクっと解決した弁護士を見て、さすが法律のプロだと感心しました

これは今から15年程前に友人の離婚トラブルに関わった時の体験談です。私は法律に関してきちんと勉強した事はありませんでしたが、テレビ番組の法律関係のものは見ていたので多少はわかっていました。そこで友人から離婚について相談されたんです。友人は離婚したいと言ってるが、夫は離婚に応じず。友人が離婚ついて話し合いをしたら、夫から離婚したら借金も等分して負担してもらうと言われたそうです。夫婦生活中に両者同意の下で発生した借金なら夫の言う通りでしょう。しかしその借金は夫が結婚前から作っていたもので、その借金を作った経緯に友人は一切の関わりがなかったんです。それは夫婦ではなく夫個人の借金であり、離婚時に友人が背負い必要はありません。さすがにこれぐらいは私でもわかりました。友人にこの事を告げても友人はよくわかってないようでしたので、私も離婚の話し合いの場に同席しました。夫+夫上司夫婦vs友人+私という形で話し合いをしたのですが、夫+上司夫婦は本気で結婚前に夫個人が作った借金も離婚時には妻も背負いべきだと考えていたんです。私がいくらいっても聞き耳持たずといった感じで、話は平行線に終わりました。夫はともかく夫上司夫婦は結構な年齢でしたし、私のような若造が何を言う?俺達が正しいに決まってるだろう?という感じで話になりませんでした。友人は夫+夫上司夫婦の言葉に従いそうになってたので、騙されたと思って弁護士に依頼するよう伝えました。結果、夫有責で離婚は成立。私だと言うことを聞かなかった夫上司夫婦も、法律のプロである弁護士の言うことには逆らえなかったようです。結婚前に作っていた借金を背負わず、しかも慰謝料までキッチリ取って離婚出来るようにした弁護士は正直凄いな~と思いました。やはりテレビ等で法律トラブルを見ただけの私とは違い、弁護士の力は偉大だなと感心しました。