弁護士の仕事から来るイメージ

人間が人間を裁かなくてはならない現在の裁判や法律にあって、罪を犯してしまった人たちをサポートする役割を担っているのが弁護士だと思います。弁護士は法律に通じているのはもちろんですが、被告人と綿密に打ち合わせをして、真実を知るとともに、どのようにその人を守ることができるのか、最大限の可能性を探ります。願わくば無罪ですが、そのためにどんな証拠となるものを提出できるのか、また凶悪犯罪を犯してしまったとしても、酌量すべき背景がないかどうか、いろいろな観点からその被告人を助けます。弱い者の味方をする、という点では素晴らしい仕事であり、同時に明らかに被告人が悪く許せないような気持ちの犯罪を犯した人でも、その人を守らなければならないということで、自分の個人的な感情は、後回しにしなければいけないという点で、メンタル面が実に冷静である、強固であるというイメージです。頭が良く、切れ者であるのもそうですが、感情に左右されない側面を持っているとも思います。そしていかに理論的に、また相手を納得させるかの点でのプロですので、弁がたちますし、最近の弁護士は、ルックスも良いような感じで、欠点があまり見つからない、魅力に溢れる人たちだと思います。