友達が離婚で弁護士に依頼したことを知り思うこと

友達が自身の離婚のために弁護士に依頼をしたという話を聞いて、大阪で離婚問題をすぐ相談しようとへんな話ですが弁護士という存在が少し身近になりました。
私は今まで、弁護士にお願いしたくなるようなことがない人生だったので、弁護士という人をとても遠く感じていました。家族や親せきにもいません。
友達がなんで弁護士に依頼をしたかというと、その離婚の手続きがとどこおりなく進んでないからこそだと思います。友達は離婚についてあまりくわしくは話さないですが、裏ではいろいろあるのかなと心配になりました。
心配になる理由はこれだけではなく、お金のこともあります。元の旦那さんがギャンブル系の遊び好きで借金まで作り、家にお金を入れない人だったらしいので、弁護士に払う料金も彼女が出すのだと思うと、大丈夫だろうかと思ってしまいます。こういうことは親しい仲とはいえきくことはできませんが・・。
何かのトラブル解決のために弁護士にお願いするという事態が私には起きないとは言えません。友達だって将来こういうことがあると思って結婚したわけではないですし、想定外だったはずです。ということは私にも弁護士に助けを求めるようなことが起きないともかぎりません。私は大丈夫なんて思わないほうがいいと思っています。